泌尿器科で受けられる

数種類の薬

 包茎治療というと、雑誌の広告やホームページでの広告などでよく見ると思います。男性であればだれもが一度はその広告を見たことがあると思います。その広告に書かれている包茎治療の治療費は70,000円から高い場合ですと200,000円を超えるものもあります。  またどこの病院が信用できるか、確かな治療ができるのかも分からず迷ってしまうことがあると思います。  そこでもし包茎治療をお考えの方がいるのであれば、泌尿器科を利用してみてはどうでしょうか。上記の包茎治療は保険が適応されていなのです。しかし保険適応の泌尿器科であれば1万円から3万円程度で包茎治療が受けられるのです。  男性にとってとても大切なも課題ですから、慎重によく考えてみることが大切です。

 泌尿器科という医学の一分野が大きく世界的に確立した歴史は明治の終わり、明治41年のことで、国際泌尿器科学会が設立されました。  その後、昭和3年に日本においても日本泌尿器科学会が発足しています。泌尿器科は他の医学部より少しその確立の歴史が浅いのは以前は皮膚科と一緒にされていたという歴史があるからです。  現在でもその名残はあり、街にある医者やクリニックでは、皮膚科泌尿器科が一緒になっているところもあります。  しかし泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、そして陰茎、睾丸、前立腺など男性生殖器周辺の分野を扱っている非常に重要な医学の一分野です。  その治療は多岐にわたっており、前立腺ガンなどの治療から包茎治療、またはインポテンツの治療まで泌尿器科が扱っています。