目の疲れを軽減

医師と患者

目の疲れは、基本的にはぐっすりと睡眠をとることで回復することが多いですが、疲労がたまっている場合にはそれがうまく取り除くことができずに、眼精疲労となることがあります。 眼精疲労に効果的なサプリメントとしては、アントシアニンを多く含んだブルーベリーのサプリメントがあります。アントシアニンは抗酸化作用があることで、目を外部の参加ストレスから防護する働きがあり、それによって目の疲れを緩和することができるようです。 眼精疲労に効果的なサプリメントの費用としては、平均して1日換算で50〜100円くらいで抑えられることが多いようです。これは、病院などで眼精疲労を治療する際の値段と比較しても、病院の場合には1回で約5000円程度必要になってくることから、十分に安く抑えられているといってよいでしょう。

単純な目の疲労だけではなく、倦怠感や吐き気など、複数の症状が同時に現れる眼精疲労は、コンピュータが登場する前までは、原因として目の病気や体の病気、ストレスなどが主な原因でしたが、情報化社会が急速に進んだ1990年代以降は、目の酷使が主な原因となっています。特にパソコン、スマホ、タブレットなどを仕事やプライベートで1日、何時間も使用する現代人の多くがモニターを長時間ずっと凝視し、これらでたくさんの情報を処理している為、知らず知らずのうちに目を酷使して眼精疲労を発症させているのです。 眼精疲労への対処方法としては、本来、充分な睡眠や暖かいおしぼりを当てるなどの方法が効果的ですが、デスクワークで忙しく働いている多く現代人にとっては、休憩の為に5分、10分の時間を空けるのも煩わしく、ほとんどの人が1分程度で済む眼球体操や目の周りのツボ押しで済ましています。 将来的にも情報化社会が進化していくのは避けられず、眼精疲労の頻度は増えていくでしょう。今後も便利な道具を駆使すると同時に心と体の健康を維持する為にも、我々は情報化社会に適応しながらも常に自分の目を休ませることに注意を払う必要があります。