しっかりと検査を

薬を手に持つ医師

現在の人間ドックは、圧倒的な検査項目と低価格また短時間で行うようになっています。現在日本人が死んでいる一番の死因は肺がんです、これはタバコを吸う方が多く、タバコを吸う方がある程度の年齢に達すると胸部のCTを撮らないと、なかなか治していけないという事があります、この胸部CTが出来る事が必要になります。 人間ドックでは多くの場合、胃癌の検査はバリウム検査になりますが、早期の胃癌の場合はなかなか見つけにくい事も現実です。現在胃カメラで見つかると、かなりの確立で、胃カメラで採ってしまってお腹を切る事もないです。現在は胃癌については外科医の需要が減っています、内科の先生がカメラで採ってしまう事が出来るようになりましたので患者さんにとっては非常に良くなりました。

人間ドックでの胸部や内臓脂肪のCTや胃カメラは、クリニックなどの独自の項目になります。この他には腫瘍マーカーや頭部のCTなどのオプションの検査も充実しています。検査後には人間ドックが終わった後に検査のデーターの意味付けと、生活指導も行ってくれます。 クリニックなどの医院では人間ドックには多くの検査の選択基準が設けられています。何を基準に人間ドックを選べばいいのかですが、人間ドックはたくさんの医療機関で行っていますが内容が随分と違う事があります。また値段もだいぶ違います、重要な検査はしっかり押さえて、検査の後の説明がしっかりやってくれる所を選ぶ事が大切です。日本人の3大疾患である癌や脳梗塞、心疾患の早期発見と診断をCTを使った独自の検査と生活指導を低価格で受ける事が出来るクリニックなどがあります。