自宅で療養する

顕微鏡

1950年頃には、平均寿命も短かったこともあり、8割ほどは自宅亡くなっていたようです。看病は殆ど家族間で行われており負担も大きかったと想像がつきます。けれども、そのぶん町医者との関わりが深く、信頼関係が出来ており、病人が出来ても往診等が受けられるという安心感があったと思われます。ところが昨今では逆に病院で亡くなる人の数が8割に達するようになっています。核家族の増加により家で病人を看取ることが出来なくなったのと、医療の発達と医療機関の増加により長期入院をする人が増加してきたためです。医療技術の発達は著しく、どんどん寿命は延び、おかげで日本は世界に例を見ない長寿国家になりました。病院で亡くなるということが良いのか、果たして在宅医療で亡くなるのが良いのかどうかについては、現在、色々な意見が交わされています。

最近では病院で長期入院の末に亡くなることが多くなったため、医療費が増加しています。そのため厚生労働省では在宅医療を推進するようになりました。入院をしなくても自宅で家族が出来る在宅療法と医療者が家庭を訪問して行う医療とを組み合わせると、入院して治療するのと同じような治療が出来るとのことです。家庭と病院の連携により在宅医療を可能にすることが出来ます。担当医指示により派遣された看護師により、手当や医療相談を受けることができ、在宅で患者を看病している家族にとってもとても心強いものとなっています。患者にとって自宅で療養できるということは、何より心落ち着くことであり、家族に看取られて逝くのはこの上ない幸せだと感じられます。今後、在宅医療の増加がどんどん進められていくことでしょう。